--/--/-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top
2014年度第1四半期、『PS4、PS3』は『XboxOne、360』の3倍以上の台数を販売していたことが判明!!!! << Home >> マイクロソフトが特許使用料を払ってないとしてサムスンを提訴!
2014/08/03 ソニーが『EAアクセス』を拒否したの懸命。 クレームとか負担増えるだけだからwwwww
PS4 EAアクセスに関連した画像-01


ソニーが『EAアクセス』を拒否したのは賢明な判断だ

PS4 EAアクセスに関連した画像-02

『EAアクセス』の利用規約に目を通してみると、以下のことが明記されています。

・定額サービスの購入はマイクロソフトを通して直接行うこと
・『EA Origin』のアカウントが必須なこと
・カスタマーサービスや質問に関しては全て、EAではなくマイクロソフトへ問い合わせること

ソニーが『EAアクセス』を展開すれば、マイクロソフトと同じように、あらゆる負担がソニーに降り掛かってくることになります。

『EAアクセス』は『Netflix』や『Hulu』とは違い、あらゆるゲーム会社のタイトルを揃えているわけではありません。勘違いして『コールオブデューティ』がないことに気付いた人からのクレームまでをも請け負うこととなっていくのです。

他のパブリッシャまでもが同様のサービスを始めるとなると、問題は拡大していくだけでしょう。ソニーは自社の『PS Plus』や『PS Now』を擁しており、カスタマーにとってもソニーにとっても、このサービスだけに特化してサポートするほうが仕組みとしてはシンプルなのです。

『Netflix』のゲーム版のような、真の定額サービスはおそらく今後登場してくるはずです。

それが出れば、各パブリッシャの独自サービスは影を潜めていくことでしょう。『EAアクセス』は『Netflix』ではありません。ソニーが『EAアクセス』から距離を置いたのは正しい判断でした。

以下全文を読む

スポンサーサイト
PS4 | コメント:0 | トラックバック : 0 | page top
2014年度第1四半期、『PS4、PS3』は『XboxOne、360』の3倍以上の台数を販売していたことが判明!!!! << Home >> マイクロソフトが特許使用料を払ってないとしてサムスンを提訴!
Trackback









Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ



Copyright © やりすぎPS速報 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。