【衝撃】3Dプリンターで作った楽器でしか出せない音があると判明! これは音楽界変わるでぇ・・・

7 Comments
可奈子
06



3Dプリントされた楽器でしか出せない音があるらしい
http://www.gizmodo.jp/2015/06/3d_180.html
1434937231941



・オーストラリアのウーロンゴン大学のTerumi Narushimaさん達によって作られたこの縦笛(end-blown flute)は管楽器から音が出る仕組みを示す数理モデルをもとに、直径や長さ、穴の位置まで計算して制作されたもの

・彼女によると「微分音」という半音よりも細かい音程を表現することが可能なんだとか。今回の3Dモデルさえあれば、今後もこの縦笛は量産していくことができます。

・3Dプリントされた楽器でしか出ない音があるとすれば音楽家も放ってはおかないでしょう。さらにソフトウェアを使って作成されるため、パーフェクトな音が出るよう間違いなく設計できるというメリットも。


情報元


スポンサーサイト
可奈子
Posted by可奈子

Comments 7

There are no comments yet.
名無しさん  

まあ今までの楽器は試行錯誤で完成してるもんだからな。
完成形から伝統化しちゃって、まるで進化は停滞してたし。
計算でさらなる広がりが出る可能性は高いだろね。

2015/06/22 (Mon) 11:25 | EDIT | REPLY |   
名無しさん  

まあ正確には「3Dプリンタで作った楽器でしか出せない音」なんて無いって話だけどねw
型さえ作っちゃえばプリンタなんぞ使わず量産できるわけで。

正確には「数理演算でしか実現できなかった音」って言うべきだな。

2015/06/22 (Mon) 11:25 | EDIT | REPLY |   
名無しさん  

一方任豚は3DSでしかできないゲームで業界を変えようとしていた

2015/06/22 (Mon) 11:26 | EDIT | REPLY |   
名無しさん  

いやいや、半音以下の幅の音なんて大昔から当たり前に演奏で使われてるから
0.5度刻みの大雑把な音程しかないクラシックしか聞かない奴は耳が本当に悪い
ブルースなんて基本スケールが0.25度で構成されてる
ギターでは半音以下の幅で演奏なんてもはや当たり前の技術だし

2015/06/22 (Mon) 11:27 | EDIT | REPLY |   
名無しさん  

周波数で言えばバイオリンみたいなフレットのない弦楽器なら自在に出せると思うんだが。
ここでいう「今まで出せなかった音」の定義が分からん。
いままでのリコーダーでは出せなかった音ってだけじゃないのか。

2015/06/22 (Mon) 11:27 | EDIT | REPLY |   
名無しさん  

俺らは3Dプリンター楽器に違和感があるけど、
これから生まれてくる子供にとっては、
3Dプリンターなんて、物心ついた時から普通にあるもんだから、
普通に受けれいるだろうな

2015/06/22 (Mon) 11:28 | EDIT | REPLY |   
名無しさん  

潟塔gされた楽器でしか出ない音があるとすれば音楽家も放ってはおかないでしょう
それは既存の楽器は決められた音程の音が出るように作られてるだけだからであって
楽器屋が意図的に作れば3Dプリントで作られた楽器と同じ音程が出せる楽器くらい作れるだろ

http://blog.esuteru.com/archives/8225458.html#comme4" jQuery16105651214415118033="48">>>4
これって要するに縦笛の指で押さえる穴の位置を変えてるだけだぞ

2015/06/22 (Mon) 11:28 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

アクセスランキング